vitreoretinal

網膜硝子体

私達の専門分野である網膜硝子体とは

網膜硝子体とは目の奥の網膜という組織と眼球内にある硝子体というゼリー状の物質のことです。

網膜硝子体の病気には網膜剥離(図1)や糖尿病網膜症、黄斑前膜、黄斑円孔、加齢黄斑変性症などがあります。
黄斑というのは網膜の中心となる部分の名称で(図2)、ヒトの視力にとって最も大切な場所です。

網膜硝子体

そのような網膜や硝子体、あるいは黄斑部の病気では日常生活に大切な視力に大きな障害を起こす可能性があり、適切な治療を行わなければ、或いは行っても、その障害からの回復は非常に困難となる場合があります。

網膜剥離などでは一両日中の緊急の対応が必要な状況もあり得ます。

これらの病状の治療は専門性が高く、緊急にも対応する必要があることから一般の眼科施設での治療には限界もあります。

このような病状の患者さんにとってより良い、最善の医療機関となることが私たちの目標です。

もちろん病気に明確な線引きは難しく、網膜の病気の方が白内障や緑内障を患っている場合は多々ありますので、そのような関連した病状には専門医を配して十分に対応できる計画も立てております。

更に、網膜硝子体の病気は十分な治療にも関わらず残念ながら満足のいく視力に回復しないこともあり得ます。

見えにくさから日常の生活に不便を感じる方々に適切なアドバイスを行いながらその方が社会活動に積極的に関わっていく、或いは日々の生活をより豊かにするお手伝いとなるロービジョンケアも同時に推進します。