academic paper

学術論文

  • IOVS : Vol. 60 , No. 10 3432-3446 2019

    Phenotypical Characteristics of POC1B-Associated Retinopathy in Japanese Cohort: Cone Dystrophy With Normal Funduscopic Appearance

    Shuhei Kameya, Kaoru Fujinami, Shinji Ueno, Takaaki Hayashi, Kazuki Kuniyoshi, Ryuichi Ideta, Sachiko Kikuchi, Daiki Kubota, Kazutoshi Yoshitake, Satoshi Katagiri, Hiroyuki Sakuramoto, Taro Kominami, Hiroko Terasaki, Lizhu Yang, Yu Fujinami-Yokokawa, Xiao Liu, Gavin Arno, Nikolas Pontikos, Yozo Miyake, Takeshi Iwata, and Kazushige Tsunoda; for the Japan Eye Genetics Consortium

  • 日本の眼科 90巻5号 P545-550 2019年

    わかりやすい臨床講座/強膜バックリング術後感染症

    出田隆一

  • Scientific Reports September 28; 8(1): 14533 2018年

    High interleukin-8 level in aqueous humor is associated with poor prognosis in eyes with open angle glaucoma and neovascular glaucoma

    Ikuyo Chono, Dai Miyazaki, Hitomi Miyake, Naoki Komatsu, Fumie Ehara, Daisuke Nagase, Yukimi Kawamoto, Yumiko Shimizu, Ryuichi Ideta & Yoshitsugu Inoue

  • 日本ロービジョン学会誌 17巻 P S1-S3 2018年

    視覚障害者の白杖使用実態調査

    木下雄貴・柴内佑一郎・蘇畑清香・三浦久美・西村亜希子・出田隆一

  • 眼科ケア 2017年秋季増刊 P44-59 2017年

    裂孔原性網膜剥離の硝子体手術(眼科手術とケア黄金マニュアル)

    内田博文・出田隆一

  • 眼科ケア 2017年秋季増刊 P60-74 2017年

    裂孔原性網膜剥離の強膜バックリング手術(眼科手術とケア黄金マニュアル)

    内田博文・出田隆一

  • 医学のあゆみ 262巻10号 P969-975 2017年

    【眼科治療の進歩】網膜・硝子体の疾患 網膜剥離、最近の動向

    出田隆一

  • 日本の眼科88巻12号 P1578-1582 2017年

    熊本地震後の診療復旧と視覚障害者の支援

    出田隆一

  • Acta Ophthalmol. Dec 8. doi: 10.1111/aos.13607. 2017年

    Treat-and-extend versus every-other-month regimens with aflibercept in age-related macular degeneration

    Haga A, Kawaji T, Ideta R, Inomata Y, Tanihara H.

  • Nat Genet. Jul; 49(7): 993-1004. 2017年

    Genetic association study of exfoliation syndrome identifies a protective rare variant at LOXL1 and five new susceptibility loci.

    Aung T, Ozaki M, Lee MC, Schlötzer-Schrehardt U, Thorleifsson G, Mizoguchi T, Igo RP Jr, Haripriya A, Williams SE, Astakhov YS, Orr AC, Burdon KP, Nakano S, Mori K, Abu-Amero K, Hauser M, Li Z, Prakadeeswari G, Bailey JNC, Cherecheanu AP, Kang JH, Nelson S, Hayashi K, Manabe SI, Kazama S, Zarnowski T, Inoue K, Irkec M, Coca-Prados M, Sugiyama K, Järvelä I, Schlottmann P, Lerner SF, Lamari H, Nilgün Y, Bikbov M, Park KH, Cha SC, Yamashiro K, Zenteno JC, Jonas JB, Kumar RS, Perera SA, Chan ASY, Kobakhidze N, George R, Vijaya L, Do T, Edward DP, de Juan Marcos L, Pakravan M, Moghimi S, Ideta R, Bach-Holm D, Kappelgaard P, Wirostko B, Thomas S, Gaston D, Bedard K, Greer WL, Yang Z, Chen X, Huang L, Sang J, Jia H, Jia L, Qiao C, Zhang H, Liu X, Zhao B, Wang YX, Xu L, Leruez S, Reynier P, Chichua G, Tabagari S, Uebe S, Zenkel M, Berner D, Mossböck G, Weisschuh N, Hoja U, Welge-Luessen UC, Mardin C, Founti P, Chatzikyriakidou A, Pappas T, Anastasopoulos E, Lambropoulos A, Ghosh A, Shetty R, Porporato N, Saravanan V, Venkatesh R, Shivkumar C, Kalpana N, Sarangapani S, Kanavi MR, Beni AN, Yazdani S, Lashay A, Naderifar H, Khatibi N, Fea A, Lavia C, Dallorto L, Rolle T, Frezzotti P, Paoli D, Salvi E, Manunta P, Mori Y, Miyata K, Higashide T, Chihara E, Ishiko S, Yoshida A, Yanagi M, Kiuchi Y, Ohashi T, Sakurai T, Sugimoto T, Chuman H, Aihara M, Inatani M, Miyake M, Gotoh N, Matsuda F, Yoshimura N, Ikeda Y, Ueno M, Sotozono C, Jeoung JW, Sagong M, Park KH, Ahn J, Cruz-Aguilar M, Ezzouhairi SM, Rafei A, Chong YF, Ng XY, Goh SR, Chen Y, Yong VHK, Khan MI, Olawoye OO, Ashaye AO, Ugbede I, Onakoya A, Kizor-Akaraiwe N, Teekhasaenee C, Suwan Y, Supakontanasan W, Okeke S, Uche NJ, Asimadu I, Ayub H, Akhtar F, Kosior-Jarecka E, Lukasik U, Lischinsky I, Castro V, Grossmann RP, Megevand GS, Roy S, Dervan E, Silke E, Rao A, Sahay P, Fornero P, Cuello O, Sivori D, Zompa T, Mills RA, Souzeau E, Mitchell P, Wang JJ, Hewitt AW, Coote M, Crowston JG, Astakhov SY, Akopov EL, Emelyanov A, Vysochinskaya V, Kazakbaeva G, Fayzrakhmanov R, Al-Obeidan SA, Owaidhah O, Aljasim LA, Chowbay B, Foo JN, Soh RQ, Sim KS, Xie Z, Cheong AWO, Mok SQ, Soo HM, Chen XY, Peh SQ, Heng KK, Husain R, Ho SL, Hillmer AM, Cheng CY, Escudero-Domínguez FA, González-Sarmiento R, Martinon-Torres F, Salas A, Pathanapitoon K, Hansapinyo L, Wanichwecharugruang B, Kitnarong N, Sakuntabhai A, Nguyn HX, Nguyn GTT, Nguyn TV, Zenz W, Binder A, Klobassa DS, Hibberd ML, Davila S, Herms S, Nöthen MM, Moebus S, Rautenbach RM, Ziskind A, Carmichael TR, Ramsay M, Álvarez L, García M, González-Iglesias H, Rodríguez-Calvo PP, Fernández-Vega Cueto L, Oguz Ç, Tamcelik N, Atalay E, Batu B, Aktas D, Kasım B, Wilson MR, Coleman AL, Liu Y, Challa P, Herndon L, Kuchtey RW, Kuchtey J, Curtin K, Chaya CJ, Crandall A, Zangwill LM, Wong TY, Nakano M, Kinoshita S, den Hollander AI, Vesti E, Fingert JH, Lee RK, Sit AJ, Shingleton BJ, Wang N, Cusi D, Qamar R, Kraft P, Pericak-Vance MA, Raychaudhuri S, Heegaard S, Kivelä T, Reis A, Kruse FE, Weinreb RN, Pasquale LR, Haines JL, Thorsteinsdottir U, Jonasson F, Allingham RR, Milea D, Ritch R, Kubota T, Tashiro K, Vithana EN, Micheal S, Topouzis F, Craig JE, Dubina M, Sundaresan P, Stefansson K, Wiggs JL, Pasutto F, Khor CC.

  • Journal of Clinical & Experimental Ophthalmology Volume 8 Issue 2 DOI: 10.4172/2155-9570.1000647 2017年

    The Incidence of Rhegmatogenous Retinal Detachment in Kumamoto, Japan between 2009 and 2011

    Akira Haga・Takahiro Kawaji・Takayuki Tsutsumi・Ryuichi Ideta and Hidenobu Tanihara

  • 全日本病院協会雑誌 28巻 1号 P105-108 2017年

    電話応対模範解答集

    板尾麻里子・出田隆一・外口里恵

  • あたらしい眼科 34巻 3号 P429-432 2017年

    Double-glide Techniqueを用いたDescemet’s Stripping Automated Endothelial Keratoplastyの術後成績の検討

    浅岡丈治・出田隆一・天野史郎

  • 日本視機能看護学会誌 1巻 P136-138 2016年

    食事満足度及びコメント数と入院日数の関連性について

    永井泰子・出田亜位子・村上ルミ子・出田隆一

  • 日本視機能看護学会誌 1巻 P132-135 2016年

    白内障手術患者に対する術前説明DVD導入の効果

    川上礼子・櫻田菊代・村上ルミ子・川崎勉・出田隆一

  • 日本視機能看護学会誌 1巻 P110-112 2016年

    院内の空間性と視認性における環境調査

    柴内佑一郎・木下雄貴・宮本康平・村上ルミ子・出田隆一

  • 下巻 ぶどう膜疾患,網膜・硝子体疾患 P124-125 2016年

    裂孔原性網膜剥離/陳旧性網膜剥離 一目でわかる眼疾患の見分け方

    出田隆一

  • 下巻 ぶどう膜疾患,網膜・硝子体疾患 P122-123 2016年

    裂孔原性網膜剥離/若年性扁平網膜剥離 一目でわかる眼疾患の見分け方 

    出田隆一

  • Nat Genet. 47(4) P387-392 2015年

    A common variant mapping to CACNA1A is associated with susceptibility to exfoliation syndrome.

    Aung T, Ozaki M, Mizoguchi T, Allingham RR, Li Z, Haripriya A, Nakano S, Uebe S, Harder JM, Chan AS, Lee MC, Burdon KP, Astakhov YS, Abu-Amero KK,Zenteno JC, Nilgün Y, Zarnowski T, Pakravan M, Safieh LA, Jia L, Wang YX, Williams S, Paoli D, Schlottmann PG, Huang L, Sim KS, Foo JN, Nakano M, Ikeda Y, Kumar RS, Ueno M, Manabe S, Hayashi K, Kazama S, Ideta R, Mori Y, Miyata K, Sugiyama K, Higashide T, Chihara E, Inoue K, Ishiko S, Yoshida A, Yanagi M, Kiuchi Y, Aihara M, Ohashi T, Sakurai T, Sugimoto T, Chuman H, Matsuda F, Yamashiro K, Gotoh N, Miyake M, Astakhov SY, Osman EA, Al-Obeidan SA,Owaidhah O, Al-Jasim L, Al Shahwan S, Fogarty RA, Leo P, Yetkin Y, Oğuz Ç, Kanavi MR, Beni AN, Yazdani S, Akopov EL, Toh KY, Howell GR, Orr AC, Goh Y,Meah WY, Peh SQ, Kosior-Jarecka E, Lukasik U, Krumbiegel M, Vithana EN, Wong TY, Liu Y, Koch AE, Challa P, Rautenbach RM, Mackey DA, Hewitt AW,Mitchell P, Wang JJ, Ziskind A, Carmichael T, Ramakrishnan R, Narendran K, Venkatesh R, Vijayan S, Zhao P, Chen X, Guadarrama-Vallejo D, Cheng CY,Perera SA, Husain R, Ho SL, Welge-Luessen UC, Mardin C, Schloetzer-Schrehardt U, Hillmer AM, Herms S, Moebus S, Nöthen MM, Weisschuh N, Shetty R,Ghosh A, Teo YY, Brown MA, Lischinsky I; Blue Mountains Eye Study GWAS Team; Wellcome Trust Case Control Consortium 2, Crowston JG, Coote M, Zhao B,Sang J, Zhang N, You Q, Vysochinskaya V, Founti P, Chatzikyriakidou A, Lambropoulos A, Anastasopoulos E, Coleman AL, Wilson MR, Rhee DJ, Kang JH,May-Bolchakova I, Heegaard S, Mori K, Alward WL, Jonas JB, Xu L, Liebmann JM, Chowbay B, Schaeffeler E, Schwab M, Lerner F, Wang N, Yang Z, Frezzotti P, Kinoshita S, Fingert JH, Inatani M, Tashiro K, Reis A, Edward DP, Pasquale LR, Kubota T, Wiggs JL, Pasutto F, Topouzis F, Dubina M, Craig JE, Yoshimura N, Sundaresan P, John SW, Ritch R, Hauser MA, Khor CC.

  • 第30回日本視機能看護学会 研究発表収録 P155-157 2015年

    ロービジョンアロマセラピー教室を実施して

    渡辺聖子・木下雄貴・村上ルミ子・出田隆一

  • 第30回日本視機能看護学会 研究発表収録 P102-104 2015年

    誤認手術防止のタイムアウト手順の見直し

    谷崎恵子・内田博文・田島ヨシエ・馬場紋那・村上ルミ子・出田隆一

  • 眼科手術27巻2号 P241-346 2014年

    クリニカルパス作成のポイント 一般病院における網膜硝子体クリニカルパス

    出田隆一

  • Clin Ophthalmol. 14(8) P2115-2119 2014年

    Findings of secondary corneal amyloidosis with ultrahigh-resolution optical coherence tomography.

    Araki-Sasaki K・Osakabe Y・Fukuoka H・Ideta R・Hirano K

  • 眼科ケア2014年 夏季増刊 P197-206 メディカ出版2014

    まるごと眼科クイズ230 5章処置・手術①眼科で取り扱うおもな器具

    重枝崇志・出田隆一

  • 眼科ケア16巻3号 P30-35 メディカ出版2014

    患者さんに何と答える??網膜剥離

    出田隆一

  • 臨床眼科68巻3号 P303-308 2014年

    強度近視に伴う黄斑部網膜分離症に対する耳側強膜短縮術併用硝子体手術

    田中住美(アイケア名古屋)・樋口かおり(アイケア名古屋)・安藤文隆(アイケア名古屋)・馬場隆之(千葉大学大学院医学研究院眼科学)・出田隆一

  • 眼科外来処置・小手術クローズアップ P188 メジカルビュー2014

    双眼倒像鏡とボンノスコープ

    出田隆一

  • 専門医のための眼科診療クオリファイ17 P139-143 中山書店2013

    インプラント法のコツ

    出田隆一

  • 眼科ケア15巻6号 P565-571 2013年

    眼科の病気・手術の説明集 網膜剥離

    出田隆一

  • あたらしい眼科30巻 2号 P255-259 2013年

    緑膿菌角膜炎における臨床所見の検討-新しい代表的所見としてのブラシ状混濁の提言-

    佐々木香る・稲田紀子(日本大学医学部視覚科学系眼科分野)・熊谷直樹・出田隆一・庄司純(日本大学医学部視覚科学系眼科分野)・澤充(日本大学医学部視覚科学系眼科分野)

  • 新Eye Surgery NOW眼科手術のトラブルシューティング12 P158-161 メジカルビュー2012

    Ⅳ網膜硝子体手術 網膜剥離②

    出田隆一

  • 眼手術学8.網膜・硝子体Ⅱ P2-11 文光堂2012

    Ⅰ網膜剥離に対する手術1.網膜裂孔・網膜剥離に対する予防的処置

    出田隆一

  • あたらしい眼科29巻(10) P1395-1400 2012年

    視力回復の可能性のない水疱性角膜症に対するPhototherapeuticKeratectomyの長期成績

    武藤貴仁・佐々木香る・熊谷直樹・高塚弘美・武藤興紀・出田隆一

  • あたらしい眼科29巻(3) P391-396 2012年

    フサリウムによる角膜真菌症におけるAmBisomeの使用経験

    佐々木香る・樋口かおり・加来裕康・出田隆一・田中住美

  • Plos One. Vol.7(6) e39300 2012年

    Common variants in the COL4A4 gene confer susceptibility to lattice degeneration of the retina.

    Meguro A・Ideta H・Ota M・Ito N・Ideta R・Yonemoto J・Takeuchi M・Uemoto R・Nishide Y・Iijima Y・Kawagoe T・Okada E・Shiota T・Hagihara Y・Oka A・Inoko H・Mizuki N.

  • Doc Ophthalmol. Vol.123(2) P127-133 2011年

    Oguchi disease maked by retinitis pigmentosa.

    Sonoyama H・Shinoda K・Ishigami C・Tada Y・Ideta H・Ideta R・Takahashi M・Miyake Y.

  • Jpn J Ophthalmol. Vol.55(5) P444-450 2011年

    Morphological changes of corneal suepithelial nerve plexus in different types of herpetic keratitis.

    Nagasato D・Araki-Sasaki K・Kojima T・Ideta R・Dogro M.

  • 眼科ケア 2011冬季増刊 P294-298 2011年

    【198の質問と回答例で説明力がぐぐんとUP!眼科の患者説明BOOK】 患者説明会 出田眼科病院編

    出田隆一

  • 臨床眼科65巻(9) P1435-1440 2011年

    再発翼状片に対する初回手術の影響

    高山徹也・佐々木香る・宇野毅・出田隆一・真島行彦

  • あらしい眼科28巻(3) P406-410 2011年

    白内障術後遅発性眼内炎初診時における前眼部所見

    佐々木香る・刑部安弘・中村真樹・園山裕子・佐藤智樹・川崎勉・出田隆一

  • 眼科臨床紀要4巻(2) P120-124 2011年

    難治性糸状角膜炎に対する眼瞼手術療法

    園山裕子・佐々木香る・川崎ゆたか・佐藤智樹・風間成泰・出田隆一

  • あたらしい眼科28巻(1) P119-122 2011年

    眼類天疱瘡の急性期臨床所見としての膜様物質とそのムチン発現

    横山真介・佐々木香る・齋藤禎子・堀裕一・渡辺仁・出田隆一

  • 臨床眼科64巻(9) P1587-1592 2010年

    リファブチン関連ぶどう膜炎の2例

    福留みのり・佐々木香る・中村真樹・刑部安弘・蕪城俊克・川崎勉・川野庸一・出田隆一

  • 眼科52巻(8) P1093-1100 2010年

    著しく視力が改善したレーベル遺伝性視神経症の1例

    福留みのり・佐々木香る・坂本博士・平田亮・久保田俊昭・出田隆一・真島行彦

  • 眼科臨床紀要3巻(6) P587-591 2010年

    シリンコーンロッドを用いた無縫合羊膜被覆の経験

    園山裕子・佐々木香る・福留みのり・子島良平・宮田和典・出田隆一

  • あたらしい眼科27巻(4) P531-534 2010年

    ボリコナゾール眼局所投与の使用経験

    佐々木香る・砂田淳子・浅利誠志・園山裕子・子島良平・宮井尊史・宮田和典・出田隆一

  • あたらしい眼科27巻(4) P527-530 2010年

    Collectotrichum属による角膜真菌症の2症例

    山本恭三・佐々木香る・橋本公一・三川隆・出田隆一

  • 眼科手術 23巻(2) P211-215 2010年

    【結膜の切開と操作】 網膜剥離

    出田隆一

  • 眼科プラクティス30巻 P96-100 2009年

    【理に適った網膜復位術】 バックル手術 強膜バックリング インプラント

    出田隆一

  • Ophthalmology. Vol.116(8) P1538-1543 2009年

    Robot-assisted vitreoretinal surgery: development of a prototype and feasibility studies in an animal model.

    Ueta T・Yamaguchi Y・Shirakawa Y・Nakano T・Ideta R・Noda Y・Morita A・Mochizuki R・Sugita N・Mitsuishi M・Takami Y.

  • Nihon Ganga Gakkai Zasshi. Vol.113(10) P972-979 2009年

    Retinal vein occlusion followed by ischemic optic neuropathy with anticardiolipin lgG antibody: a case report.

    Yamamoto T・Mimura O・Kawasaki T・Ideta R・Ideta H.

  • 日本眼科学会雑誌113巻(10) P972-979 2009年

    抗カルジオリピンIgG抗体陽性の網膜静脈閉塞症に虚血性視神経症を続発した1例

    山本恭三・三村治・川崎勉・出田隆一・出田秀尚

  • 眼科臨床紀要1巻(10) P979-981 2008年

    裂孔原性網膜剥離に対する初回硝子体手術の20Gおよび25Gシステムによる治療成績の比較

    沖永貴美子・野田康雄・柳靖雄・出田隆一

  • 日本眼科学会雑誌 111巻(3) P232-269 2007年

    眼と加齢 加齢黄斑変性に対する新規治療法の開発 抗血管新生療法および網膜再生

    玉置泰裕・柳靖雄・出田隆一・入山彩・高橋秀徳・小畑亮・村中公正・上順子・新家眞・西山伸弘・Zhang GD・Jang WD・片岡一則・原田敦史・相田卓三・近藤峰夫・伊藤逸毅・上野真治・宮田健太郎・子安俊行・寺崎浩子・井上達也・古川貴久・大石高生・田坂文孝・石井康雄

  • Am J Ophthalmol. Vol.141(3) P472-477 2006年

    Ocular manifestations of congenital insensitivity to pain with anhidrosis.

    Amano S・Fukuoka S・Usui T・Honda N・Ideta R・Ochiai M・Yamagami S・Araie M・Awaya Y.

  • 臨床眼科60巻(7) P1183-1188 2006年

    視力良好な網膜剥離眼の術前後におけるコントラスト感度の変化

    田邊樹郎・出田隆一・富所敦男・川崎勉・出田秀尚・大鹿哲郎

  • Nano Lett. Vol.5(12) P2426-2431 2005年

    Nanotechnology-based photodynamic therapy for neovascular disease using a supramolecular nanocarrier loaded with a dendritic photosensitizer.

    Ideta R・Tasaka F・Jang WD・Nishiyama N・Zhang GD・Harada A・Yanagi Y・Takami Y・Aida T・Kataoka K.

  • 日本眼科学会雑誌 108巻(臨増) P297 2004年

    ポリイオンコンプレックスミセルを用いた脈絡膜新生血管に対する光線力学療法

    田坂文孝・出田隆一・柳靖雄・玉置泰裕・片岡一則

  • 日本眼科学会雑誌 108巻(臨増) P296 2004年

    脈絡膜新生血管モデルラットにおけるポリイオンコンプレックスミセルの眼内移行性

    出田隆一・田坂文孝・柳靖雄・原田敦史・片岡一則

  • FEBS Lett. Vol.16(1-3) P21-25 2004年

    Effective accumulation of polyion complex micelle to experimental choroidal neovascularization in rats.

    Ideta R・Yanagi Y・Takami T・Tasaka F・Harada A・Kataoka K.

  • Drug Delivery System 18巻(3) P291 2003年

    脈絡膜新生血管モデルラットにおける高分子ミセル眼内移行性

    出田隆一・田坂文孝・玉置泰裕・ZhangGuo-Dong・西山伸宏・原田敦史・片岡一則

  • Drug Delivery System 18巻(3) P290 2003年

    脈絡膜新生血管モデルラットにおける高分子ミセルの光力学療法としての可能性

    田坂文孝・出田隆一・玉置泰裕・ZhangGuo-Dong・西山伸宏・原田敦史・片岡一則

  • 日本眼科学会雑誌 107巻(臨増) P152 2003年

    ラット脈絡膜新生血管モデルに対する高分子ミセル投与時の眼内移行の検討

    出田隆一・高橋秀徳・村中公正・臼井智彦・加治優一・玉置泰裕・片岡一則・原田敦史・柳靖雄

  • Br J Ophthalmol. Vol.87(3) P357-360 2003年

    Hyaluronan synthase in trabecular meshwork cells.

    Usui T・Nakjima F・Ideta R・Kaji Y・Suzuki Y・Araie M・Miyauchi S・Heldin P・Yamashita H.

  • J Cataract Refract Surg. Vol.29(12) P2458-2460 2003年

    Suture fixation of an intraocular lens combined with pars plana vitrectomy and gas tamponade.

    Hanemoto T・Ideta H・Kawasaki T・Ideta R・Okuyama M.

  • 眼科臨床医報 96巻(10) P1074 2002年

    改良固定式前房メインテナーを用いた前部硝子体手術

    塙本宰・川崎ゆたか・出田隆一・高橋健二・川崎勉・出田秀尚

  • 日本眼科学会雑誌 106巻(臨増) P155 2002年

    開放性眼外傷の予後に関する因子の検討

    林大助・佐藤智樹・出田隆一・高橋健二・奥山美智子・川崎ゆたか

  • 眼科手術 14巻(臨増) P283 2001年

    ガスタンポナーデとIOL毛様溝縫着を同時に施行した2例

    塙本宰・出田秀尚・川崎勉・村田正敏・奥山美智子・出田隆一

  • 緑内障 10巻(臨増) P128 2000年

    培養牛線維柱帯細胞におけるヒアルロン酸合成酵素の発現

    中島富美子・臼井智彦・出田隆一・鈴木康之・山下英俊・新家眞

  • 眼科臨床医報 94巻(7) P953 2000年

    各種緑内障眼における角膜厚について

    呉玲々・鈴木康之・出田隆一・新家眞

  • 眼科臨床医報 94巻(7) P845-849 2000年

    インドシアニングリーン及びフルオレセインナトリウムを用いた蛍光眼底造影による加齢性黄斑変性症の脈膜新生血管の検出

    今村明香・出田隆一・小室優一・山下英俊

  • Jpn J Ophthalmol. Vol.44(6) 643-647 2000年

    Central corneal thickness of normal tension glaucoma patients in Japan.

    Wu LL・Suzuki Y・Ideta R・Araie M.

  • Arch Ophthalmol. Vol.117(5) P700-701 1999年

    Roles of cytokines in diabetic retinopathy.

    Ideta R・ Yamashita H・Tanaka Y・Kato S・Kitano S・Hori S.

  • 眼科臨床医報 93巻(4) P628 1999年

    篩骨洞手術時の内直筋損傷に対して行われたJansen法

    出田隆一・大平明彦

  • 神経眼科 15巻(4) P465-470 1998年

    外転神経麻痺以外の眼球運動障害へのJensen法の応用

    大橋正明・出田隆一・大平明彦

  • 眼科臨床医報 92巻(11) P1613 1998年

    熱ショックによる硝子体液化に関する研究

    出田隆一・北野滋彦・加藤聡・船津英陽・堀貞夫

  • 眼科 40巻(11) P1525-1528 1998年

    副鼻腔手術による内直筋損傷

    出田隆一・大平明彦

  • 臨床眼科 51巻(10) P1739-1744 1997年

    糖尿病眼の血管新生緑内障に対する半導体レーザー経強膜毛様体光凝固と毛様体冷凍凝固の比較

    加藤聡・出田隆一・小林史明…他 

  • 臨床眼科 51巻(5) P816-913 1997年

    視野異常により発見された慢性骨髄性白血病の1例

    出田隆一・茂木豊・堀貞夫…他 

  • 臨床眼科 50巻(6) P1269-1272 1996年

    Ultrasound biomicroscopyによる虹彩動態,隅角形態変化の観察

    出田隆一・白土城照・内田研一…他